うつ病か知るために大切なチェック項目【症状があれば早めに受診】

医師が行う診断方法

ドクター

先ず手軽に知りたい時は

日々暮らしていれば落ち込むこともありますが、うつ病由来の落胆は時間の経過だけでは癒されませんので、精神科での治療が必要になります。そこで、先ずはうつ病か否かをハッキリさせるためにも、何れかの精神科へ診察予約を入れると良いでしょう。精神科では初診の時に問診票を書き、うつ病チェックを経て、医師が総合的に判断してくれます。また、精神疾患の陰にほかの大病が隠れていないかチェックするため、尿検査や血液検査が行われる場合も少なくありません。そして、精神科では診察中の患者の態度や表情、それに身だしなみなども判断に加え、うつ病かどうかを診断してくれます。ただし、ドクターの所見だけではどうにも判定が難しい場合は、心理検査も実施して、より詳しくチェックしていきます。心理検査には色々な方式もありますが、患者が自分で記入するセルフスタイルのほか、臨床心理士や精神科医などが患者に対して質問する方法も一般的です。その道の専門家が検査者となって進めるため、ネットのセルフチェックとは一線を画す検査になっています。とはいえ心理検査は補佐的な意味合いが強いので、この検査で発病条件を満たした場合でも、それだけでうつ病と診断されることはありません。とりあえず自分だけでうつ病かどうかを知りたい時は、ネットのセルフチェックが便利です。ほとんどが無料で提供されているため、お金を掛けずに知りたい時も重宝します。精神科医が監修したタイプや、病院で使用するのと同等のチェックシートも数々ありますから、無料でも本格的に調べられるのがポイントです。なかには1分程度で終わる簡易タイプもあるので、手軽に調べたい時にも利用できます。そして、うつ病に罹っていることが分かれば精神科へ行けば良いため、ネットのセルフチェックは病院治療の足掛かりとして活用できるのです。ですが、セルフ検査は万人向けのサービスですから、絶対的な結果として捉えず、参考程度に受け止めておきましょう。つまり結果は良好でも、ご自身でうつ病だと感じている場合は、精神科や心療内科で診察を受けてください。そのほか、本人も自覚していないうつ症状を発見できるなど、セルフ検査は病状の早期発見と治療にも効果を発揮します。さらに、回答結果に応じてストレスの解消方法を表示してくれるタイプもあるので、自分にピッタリなリフレッシュ方法が発見できるかもしれません。また、家族や親しい人がうつ病気味で、病院での治療をすすめた方が良いか迷っている時も活用できます。

Copyright© 2018 うつ病か知るために大切なチェック項目【症状があれば早めに受診】 All Rights Reserved.