うつ病か知るために大切なチェック項目【症状があれば早めに受診】

誰でも手軽に利用できる

ハートと聴診器

調べるための費用

他人に相談しづらいうつ病は一人で悩みを抱えがちですが、発病しているか手軽に確かめられることから、ネットのうつ病チェックが人気です。医療現場でも実際に使われている診断基準をベースにした設問や、精神科などの専門医が指導して作ったチェックシートもあるなど、有用性の高いサイトが数々あります。また、殆どのサイトが無料で使えるので、費用を気にせず気軽にチェックできることも人気のポイントです。検査方法も簡単で、多くのサイトでは設問に対して複数の回答が用意されており、最も当てはまる選択肢をチェックすれば良いようになっています。次々と設問に答えていき、最後に判定ボタンなどを押すだけで、自動的に検査結果を表示してくれますから至れり尽くせりです。複雑な操作が不要なため、パソコンやスマホに不慣れな方でも問題なく利用できます。もちろん、うつ病の早期発見にも役立つので、いち早く精神科へ行くキッカケを与えてくれることでも、多くの人々が利用しているのです。そして、チェックシートにはうつ病の基本症状が連ねられていますから、この精神疾患の兆候を把握できることでも注目されています。現代社会ではストレスを避けて通れないため、心が疲れた時はネットのうつ病検査を試してみて、必要があれば病院で治療を受けましょう。医師によるうつ病チェックは保険が使えるため、初診料込みでも3千円ほどで済むクリニックが多くなっています。また、チェック方法によっても金額が違い、光トポグラフィーも併用してチェックを受ける場合は、4千円前後加算されるのが通例です。しかしこのチェック方法は保険が使えない病院も多いので、その際は自費となり、1万円前後から2万円台が相場になります。光トポグラフィーは脳内の血流パターンを測定して、客観データを基に診断してもらえることから好評です。健康な人とうつ病患者、および双極性障害などを識別できるので、的確な治療計画の立案に貢献してくれます。例えば躁状態が少ない双極性障害ではうつ病と見間違うケースも見られ、医師の所見だけでは見分けるのが困難な場合もあるのです。特にそんな時は100%の判定率ではないとはいえ、科学的データで病状を検証できる光トポグラフィーが、診断の切り札として評判になっています。そのほか、医療機関でうつ病チェックを受ける際、大きな病院に直接行く時は選定療養費に着目しておいてください。院内でほかの診療科に通院している場合は別ですが、ほかの医院の紹介状を持たずに初診をお願いしますと、5千円前後から1万円前後の費用を負担するのが一般的です。

Copyright© 2018 うつ病か知るために大切なチェック項目【症状があれば早めに受診】 All Rights Reserved.